ラボワット ロゴ

大阪・堺の注文住宅 ダイクス建設

家族が集まる空間は心地よい空間に

 柱や壁の少ない広々とした大空間リビング

 

 

家族が集まるリビングは、家づくりの設計の中でも最も重要視される空間です。
このリビングをどうやって快適に暮らせる空間にするかがプランニングの最重要課題と言っても過言ではありません。
ダイクス建設では、ラーメン構造である「SE構法」の構造躯体の強みを最大に生かして、柱や壁に邪魔されない開放的な空間のリビングをご提案します。
在来木造や2×4工法では、その構造の特徴上、耐震性を向上させるためにはどうしても柱や耐力壁を多く設置する必要があります。そうなることで地震に強い家にはなりますが、逆に空間を狭めてしまうことになってしまい、気持ちいいリビングが実現できないこともあります。
一方、柱と梁の接合部が強固にラーメン接合されている「SE構法」では、柱や壁の少ないスパンを飛ばした大空間を安全に実現することが可能なのです。
ダイクス建設では、その強い構造躯体を生かして、敷地状況やお客様の望むライフスタイルを汲み取りながら、できるだけ気持ち良い開放的なリビングを設計提案することを心がけています。
奥さんが調理しながら家族が見渡せる暮らしや、家族や仲間がたくさん集まっても狭く感じない暮らしなど、楽しいライフスタイルを実現するための提案です。

大きな開口窓で外の光を取り入れる

 

 

柱や壁の少ない大空間のリビングも強みの一つですが、もう一つは窓の大きさを横に広げることができることも「SE構法」の大きな特徴です。
日当たりを考えると南面には大きな窓を設置したいと考えるお客様はとても多いのですが、これも在来木造や2×4工法では、耐震上に壁を作る必要がありますので限界があります。
一般的に窓の少ない北面に多くの耐力壁を設置すれば、建物全体とすれば必要な耐力壁は足りるかもしれません。しかし、南面に窓を増やしすぎて耐力壁が少なくなると「バランス」がとても悪い家となり、地震で壊れてしまう大きな要因となります。
それに対して、「SE構法」の特徴を生かすことで、南面にも大きな開口窓を安全に設計することが可能となっています。例えば、壁いっぱいにサッシを配置したり、建物のコーナー部分にも窓を作ることも問題ありません。
自然の力を生かす「パッシブデザイン」においても、窓はとても重要です。特に冬の太陽の温かい光は、暖房設備に加えて大きな暖房の力となります。それを最大に取り入れるためにも、大きな開口窓は重要となるのです。
また、窓は外の光を取り入れるだけではなく、外の景色を楽しむ意味合いもあります。好きなところに好きな大きさの窓を配置できるということは、設計の自由度が大きく向上し、新しい家の暮らしにワクワクしていただける設計提案を可能としました。

吹き抜けや勾配天井でタテの空間も気持ち良い空間に

 

 

気持ちいいリビングにとても効果があるのが「吹き抜け」です。「吹き抜け」は家の中のそれぞれの階を繋げる、空間的にはとても効果のある設計提案です。
しかし、構造的な視点で考えると「吹き抜け」を作るということは床に大きな穴をあけるということなので、 建物を弱くする要因ともなります。現在の木造住宅では、床を貼ることで強い構造体にするという考えが主流なので、そこに吹き抜けを作ることで起きる構造的なデメリットを解消する裏付けが必要となるのです。
構造計算をしていない在来木造では、その裏付けが存在せず、設計者の勘と経験で「吹き抜け」を作るケースもいまだに多数あります。つまり、在来木造の家では、耐震を考慮すると「吹き抜け」を小さくせざるを得ず、むやみに大きな吹き抜けがある家は耐震性が考慮されていない家となってしまうという現実があります。
ダイクス建設では、許容応力度構造計算を行っている「SE構法」によって、大きな吹き抜けを設計しても耐震性が落ちないという裏付けを持って、お客様に「吹き抜け」の提案をしています。床面が弱くなる分を他の構造躯体の強度を上げることでカバーして、全体的に安心の空間を自信をもって提案しています。
 
また、吹き抜けは冷暖房効率が悪いという固定概念を持つ方もいらっしゃいますが、それは家全体の断熱性能によって変わるということも理解してほしいと思います。
建物自体の断熱性能が低ければ、吹き抜けは無駄にエネルギーを使ってしまう要素となります。しかし、高い断熱性能の家であれば、建物全体を暖めるということが可能なので、逆に吹き抜けが効果的になります。吹き抜けを通してリビングの温かい空気が家全体に広がるので、どこに行っても温度差の少ない「ヒートショック」が起こりづらい家となるわけです。
構造だけでなく断熱性能もこだわって家づくりをしているダイクス建設が、「吹き抜け」のリビングを推奨している理由でもあります。




資料請求の同封物

お問い合わせ&資料請求はこちら

HauSkaダイクス建設の家づくりにご興味いただいた方は、お気軽にお問い合わせください。
家づくりに参考になる資料をお送りします。また、イベントへのご参加や具体的に来社してご相談をご希望される方も、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。