ラボワット ロゴ

大阪・堺の注文住宅 ダイクス建設

ダイクス建設が提案する狭小住宅

敷地が狭くても気持ちいい空間の狭小住宅

 

 

 
大阪では、敷地の狭い土地、いわゆる「狭小地」と呼ばれる敷地がたくさんあります。特に、間口が狭くて奥行が長い敷地は数多く存在します。
そんな敷地を家を建てる場合は、厳しい条件を最大に生かして設計を考える必要があるのですが、これも構造的な問題でなかなか快適な空間が実現できないケースも多く聞きます。
特に間口が狭い場合は、横方向に揺れる際に建物を支える耐力壁が多く必要となります。ただでさえ間口が狭いのにそこに壁がたくさん出てくると、空間を邪魔してしまうことが在来木造や2×4の大きな課題です。
ここでも「SE構法」によってその課題を解決することができます。
できるだけ横方向には耐力壁を配置せずにラーメン構造の躯体を生かして設計します。それによって、一体感のある空間を実現します。
また、狭小地は3階建てになるケースが多くなり、そういう意味でも構造躯体は強いものにしなければいけません。
ダイクス建設は、耐震性の優れた気持ち良い空間の狭小住宅をご提案します。
 


資料請求の同封物

お問い合わせ&資料請求はこちら

HauSkaダイクス建設の家づくりにご興味いただいた方は、お気軽にお問い合わせください。
家づくりに参考になる資料をお送りします。また、イベントへのご参加や具体的に来社してご相談をご希望される方も、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。